太田 拓美 / Japan / The Art of Puppets

太田 拓美(OHTA Takumi :日本)1949年、東京生まれ。1970〜76年、人形劇団ひとみ座で『ネコジャラ市の11人』などの美術スタッフを担当すると同時に、実験的劇場空間 ”プルチネラ”の小公演に参加。73年以降フリー。
1974〜80年、KOBATAKEI工房で彫刻を学ぶ。
1977〜80年、二科展出品。
1990年以降、瀬戸の美夜之窯でやきものを学ぶ。
1997〜98年、Puppet Houseのパンチ看板、入口舞台オブジェを制作。
2000年、個展『糸のないあやつり人形』(アートスペース88、国立)。
個展『太田拓美人形展−陶・木・ブロンズ−』(パペットハウスギャラリー)
2002年 演劇公演「草迷宮−泉鏡花の魔界に遊ぶ」(今和朗作、今井耕二演出) 人形美術。
2003年 人形劇公演「鳥に聞かされた話」(遠藤琢郎演出/ひとみ座)人形美術。
2004年個展「陶人形展・道化師たち」(パペットハウスギャラリー)。
パペレッタ「まざあぐうすの唄芝居」美術・人形美術(久田惠作・演出)。2005年 人形劇公演「だいじょうぶ・だいじょうぶ?」美術・人形美術(石川哲司演出/デフパペットシアターひとみ)。
2006年 人形劇公演「BOXES」美術・人形美術(くすのき燕/構成・演出/デフパペットシアターひとみ)。
2007年 陶壁「子どもたちの樹」(八王子共励保育園)個展「太田拓美 陶人形展」ギャラリー五峯。産経新聞毎週金曜日の久田恵さんのコラムにイラスト掲載中。

現在 フリーの美術家として人形美術の他、イラストレイション、壁面デザイン等の仕事も手がけている。 工房アルレッキーノ主宰

*写真をクリックすると大きな画像と仕様が表示されます。


テーブルの上の道化
ビュフォネルラ

テーブルの上の道化
ティコリーノ

テーブルの上の道化
ピピリーノ


ポリシネル

Other Puppets / 太田 拓美