Puppet House ロゴマーク presents 2016

 

古都プラハの若手作家展

Mladí umělci ze staré Prahy

ムラディー ウムニェルツィ ゼ スタレー プラヒ

終了しました。

たくさんのご来場、ありがとうございました。

※画像をクリックすると作家別に出展作品をご覧いただけます。

作品写真 作品写真 作品写真 作品写真 作品写真

佐久間奏多

バーラ・フベナ

テレザ・コマールコヴァー

アルジュビェタ・スカーロヴァー

フランチシェック・アントニーン・スカーラ

 

7/9(土)- 7/16(土)

※会期中無休

11:00 AM ~ 7:00 PM

パペットハウスギャラリー

会場写真
 

会場の様子は、こちらのブログでどうぞ。

本日、雨ですが、、、、展覧会・初日です。

 

    プラハ在住15年のパペット作家・佐久間奏多氏と彼がぜひとも日本に紹介したい4名の若手チェコ人アーティストによる展覧会です。木彫りのマリオネットやパペット、造形作品、イラストレーションなど、才気あふれる多彩な表現をお楽しみください。

 

    「チェコを代表する人形アニメーション作家のトルンカやイジー・バルタ、(人形)劇団ドラックなどに憧れてプラハに住み、現代の美術家たちとの交流の中で出会った、木や手を使ってモノを創る志を同じくする若手作家たち。彼らは人形の魂を信じ続け、CGやテクノロジーの氾濫する今の時代でも、手作りの心を信じています。今回、友人でもあるこれらの美術家をパペットハウスで紹介出来る事に感謝します。」(佐久間奏多)

 

    ※佐久間奏多氏は、会期中、全日在廊予定ですが、日によって1~2時間程度、外出することもあります。外出予定を確認されたい方は、お問合せください。

DM写真

 

パペットハウスのブログで、展覧会の追加情報などお伝えしています。

 

バーラとテレザ 姉妹作家  7/14 UP

 

フランチシェック アントニーン スカーラの作品  7/10 UP

 

古都プラハの若手作家展 作家情報  6/23 UP

 

「古都プラハの若手作家展」 追加情報!ミニコンサート!  6/14 UP

 

出展作家プロフィール

画像

 

2000年、東京造形大学卒業(染織デザイン専攻)。在学中にチェコの劇人形に出会い、衝撃を受ける。1999年、劇団ドラック(チェコ)美術監督ペトル・マターセク氏らによる長期ワークショップ「人形演劇プロジェクト2000」(於:シアターカイ)に参加。 2000年秋、渡チェコ。

 

2002年、チェコ国立芸術アカデミー、演劇学部 人形劇&オルタナティブ演劇舞台演劇美術科入学。2005年、同大学院を首席卒業。

 

2005年 NaDlaniマリオネットの制作を開始。2009年3月、パペットハウスギャラリーにて初個展。

 

ミロスラフ・トレイトナル氏主催のパペット制作ワークショップのアシスタントも務める。

 
Sakuma Sota 佐久間奏多 サクマ ソウタ(1977年生まれ)パペット作家

 

画像

 

プラハ工芸美術大学付属高校で、装飾と玩具を専攻。チェコ国立芸術アカデミー、演劇学部 人形劇&オルタナティブ演劇舞台美術家卒業。

 

学生時代から、様々な劇団の美術に携わり、主にリベレツ市(チェコ)の"Naivní divadlo / ナイーヴニー劇場"の人形美術や、プラハの人形劇団"Buchty a Loutky / ブフティ ア ロウトキ"の人形美術を手がける。

 

人形・舞台美術、木の玩具作家としての活動以外にも、子供のための木の玩具を作るワークショップも精力的に行っている。

 

一貫して”木”を扱うことに向き合う、三児のお母さんです。

Bára Hubená バーラフベナー(1971年生まれ) 木の玩具作家 人形舞台美術家

 

画像

 

チェコ国立芸術アカデミー、 演劇学部 人形劇&オルタナティブ演劇舞台美術家卒業。

 

リベレツ市(チェコ)"Naivní divadlo / ナイーヴニー劇場"での卒業制作が、最優秀学生美術賞を受賞。

卒業後は、プラハの国民劇場でヤナーチェクのオペラの美術を手がける。

また、"フォルマンブラザーズ劇団"の舞台美術チームのメンバーでもあり、プラハの人形劇団"Buchty a Loutky / ブフティ ア ロウトキ"の美術も手がけるなど、幅広い分野で活躍している。

 

バーラ・フベナーさんの妹であり、舞台美術などを一緒に手がけるパートナーでもあります。フリーランスで活躍する、若手人形舞台美術家の一人です。

Tereza Komárková テレザ コマールコヴァー(1972年生まれ) 人形舞台美術家 
 

 

画像

プラハ美術工芸大学 イラストレーション&グラフィック科卒業。

 

チェコの出版社"Bao Bab"との長期的なコラボレーションのほか、"Labyrint""Albatros" "Brod"(チェコ)、" MeMo"(フランス)などの出版社からの著作も多い。チェコ国内に限らず、スロバキア・イタリア・ドイツ等で、個展、グループ展を精力的に展開している。チェコの女性アート&デザイン集団 "NaPoli / ナポリ"、創立メンバー

 

※主な受賞歴

2010年 チェコの最も美しい本コンペティション 最優秀賞受賞 『Péťa medánek』

2011年 Magnesia Litera文学賞 子供の本部門  最優秀賞受賞 『Pampe a Šinka』

2012年 チェコの最も美しい本コンペティション 最優秀賞受賞 『Rostlinopis』

 
 

今回、唯一、平面作品での参加です。彼女の水彩画に出て来る不思議な生き物や動物達のモチーフは、その技法を生かした雰囲気から独特の存在感を放っています。

Alžběta Skálová アルジュビェタ スカーロヴァー(1982年生まれ)絵本作家、画家、版画家、造形家
 

 

画像

プラハ美術工芸大学付属高校で木彫を専攻。同大学では彫刻科卒業 在学中1年間インターンでイラストレーション&グラフィック科を選択。

 

卒業後、チェコ映画の美術制作に携わる。

昨年(2015年)劇場公開された、チェコ・スタイルの鉄芯マリオネットが主役の映画『Malý pán/マリー パーン』では、美術デザインと制作を一人で担当した。

 

機能的な動きを追求しつつ、同時に、デザインの繊細さを失われない彼のマリオネット作品は、彫刻的な完成度も高い。今後の活躍が期待される、新人美術家の一人です。

 
František Antonín Skála フランチシェック アントニーン スカーラ(1984年生まれ)彫刻家、映画美術家